パソコンの買い時を考えてみる

現在、Windows7や8.1を使われている方々はマイクロソフトの思惑なんかに乗らずWindows7や8.1を使い続けているだろうなぁと思います。 そもそも、なんで人はパソコンを購入するのか!という壮大なところから考えてみると、人はパソコンでゲームをやる、インターネットで活動もする、年賀状をシャシャと作ってしまいたい、Youtubeを見たい、株取り引きをしたい、競馬もしたい、持ち帰って仕事をしたい。 なんて理由かな?と思います。
Windowsを使いたいから私はパソコンを購入した。という人は多分いないと思います。 それはビジネスでも一緒です。 当たり前の事ですが、Windowsパソコンを買う人は、Windowsで起動するソフトウェアを使う為に10万、20万、時には30万以上のお金を出して購入するのです。 新しいバージョンのWindowsが出たからパソコンを買おうなんて人はあまりいないんじゃないの?と思っています。
 では、ナイスなパソコンの買い時っていつだろう?という事を考えてみます。 良い悪いはともかくとして、電源入れたらパソコンが起動しなくなった。 なので、新しいパソコンを購入することになった。 この理由でパソコンを買い換えるのが気持ち的にとても楽です。 「だって、壊れたんだからしょうがないじゃん」 個人でもビジネスでも買い換える時は、この理由が一番納得できます。
 けれど、これはあくまでアクシデントからのパソコン買い替えであり、いわゆる美しい替えどきではありません。 美しい替えどきは、ずっと使っているアプリ(ソフトウェア)が重くて使いづらくなってきた。 このままでは、生活(仕事)のリズムが狂う。 なので、変える!という理由じゃないかと思います。 パソコン、インターネット、ソフトウェア。。。、いわゆるITに紐付けされている様々なものを人が使う理由は、なんだかんだ言ってもすなわち生活の効率を上げる事です。 あっ!効率って何もすぐに時間を短縮する事ではありません。
 時間を短縮させる事を一番に考えるのならまずなんでもいう事を聞いてくれる人を見つける事です。 パソコンを自分で操作するなんて時間の無駄です。 お金があればそういう優れた人を見つけるのは容易い時代です。 でも、人を使うのが一番お金かかるし、そもそも何でもかんでも人がやってくれたら自分は何もすることがなくなる。 そんな人生面白いだろうか?って事です。 話は逸れましたが、生活の効率を上げるのは時間を短縮する事ではありません。 多分だけど、やらなきゃならない事に対したくさんの時間を費やせるようにする事だと思います。 そのために、人はパソコンを使ったり自動車に乗ったり食器洗浄機(??)等を使うのだと思います。
 なので、パソコンがやらなきゃならない事をこなせなくなった時が買い替えどきで、本来パソコンメーカーはビックデータからユーザーの「パソコンがなんだか遅い!」とかいう小さな声を拾い上げ製品開発や商品発表時期の参考にしなきゃならないだろうと思う。

この記事へのコメント