Windows 10 ~ 新しくなって、スタートメニューが復活!

Windows 10では起動直後、デスクトップが最初に表示される。Windows 8のように「スタート画面とデスクトップ画面の行き来」はなくなった。

デスクトップモードでは、スタートメニュー表示が復活した。しかしWindows 7以前のようなものではなく、Windows 8と同様に「アプリタイル」を使っている。※デスクトップにModern UIを統合

Windowsボタンを押すと、いちいち「スタート画面」に切り替わってしまうのではなく、デスクトップ上にササッと表れる。引き続き、作業に集中できるわけだ。(※タブレットモードでは従来どおり「スタート画面」に切り替わる。つまりWindows 10は利用モードごとにインターフェースを変えてくれる)

アプリタイルの表示枠はマウスで自由に設定できるし、タイルのサイズ、並び替え、アプリ表示の追加などカスタマイズできる。

よく使うアプリは左側に並ぶ。

タイルに登録していないアプリは「すべてのアプリ」から呼び出せる。アイコンをタイル一覧にドラッグ&ドロップすれば、タイルとして好きな場所に配置できる。また、連続して追加したいときは、アイコンを右クリックしてメニューから、「スタート画面にピン留めする」を選ぶと速い。 また、設定や電源の項目が、「すべてのアプリ」の上にあるので基本操作が非常に楽である。※Windows8のチャームは非常に手間であった・・。

Windowsボタンを右クリックすれば、「高度なコンテキストメニュー」での操作ができる。マウス操作であれば、コントロールパネルを即座に呼び出すときには便利。シャットダウンや再起動も早く行える。


この記事へのコメント