【激安価格?】 Microsoft Office お安い値段で購入する裏ワザ 【格安価格!】

米国マイクロソフト(Microsoft)が販売してるWindowsパソコン向け総合オフィスソフトといえば Microsoft Office(マイクロソフト オフィス)です。

2011年時点で「Office 2007」「Office 2010」とあるわけですが、基本的には文章作成ソフト Word(ワード)、表計算ソフトExcel(エクセル)が用意されてる”Personal”版です。あと、ビジネス向けにプレゼンテーションソフト PowerPoint(パワーポイント)が付いてる”Home and Business”版があります。

マイクロソフト オフィスソフトOfficeの公式サイト! DSP版とかOEM版とかなんじゃい?
http://office.microsoft.com/

一般的にはWindowsパソコンを購入した時点でインストール済み Office の形で入手するのが多いでしょう。これでパソコンの代金に加えて、Officeの代金として 1.5~2万円 ほどをマイクロソフトに貢いでるんです。ホント高い価格です。

まず最初に言っちゃいますが、この安すぎなパクリ製・・・互換製品のお話じゃないです。 (^^;

正規の Office を激安価格で入手するのに狙い目がパッケージタイプではなくコチラのOEM版・DSP版。このOEM版・DSP版は1台のパソコン本体と同封して売るもので、単品での販売はムリ! そこで、各通販ストアさんはPCパーツ(メモリやドライブのバラク品、中古品、余りモノ)なんかと引っ付けて販売してるようです。

オフィスソフトの売れ筋は? 人気ランキング♪
Yahoo!ショッピング 人気ランキング
Yahoo!ショッピング オフィスソフト 人気ランキング

いわゆる”訳あり”な開封品や新品未開封となるのでストアごとに対応が微妙となりますが、何といっても通常よりも1/2とか1/3の価格に!

★ うんにゃ、裏技的なことはやらん! マイクロソフトから直々に購入なら Microsoft Store へ!
★ Microsoft Office の Windows XP/Vista/7 の対応状況やサポート期間については コチラ から!
★ Microsoft Office 正規ユーザーなら日本語入力ソフト Microsoft IME の 最新版 を無料でダウンロード!

偽ショッピングサイトに注意!

購入代金を盗むのが目的と思われる怪しいソフトウェア販売サイトが氾濫してるようで。そのようなサイトが検索エンジンの検索結果にも普通にヒットしててかなり危なっかしいー。 (´_`)ノ


上: 怪しいソフトウェア販売サイト 下: 正規ショッピングサイト

ショッピングモール(Amazon.co.jp、楽天市場、Yahoo!ショッピングなど)内ではない上に、氏名・住所・電話番号などの個人情報を送信する場面で下が当てはまってたら異常なサイトです。 (偽通販サイトの見分け方

この記事へのコメント